Find more about Weather in Phoenix, AZ
Click for weather forecast
 
 

オアシス・ニュース過去

1月22日

・ノゾミ公園、チャンドラー市がキオスク献納

1月21日午前、チャンドラー市内で、ノゾミ公園における日系人強制収容の歴史を説明するキオスク献納式が行われた。このキオスクは、5つのパネルで構成されていて、日本軍によるパールハーバー襲撃で始まった太平洋戦争、ルーズベルト大統領による日系人強制収容の大統領令署名、ヒラリバー強制収容所生活、収容所内でのゼニムラによる野球チーム、1988年の連邦政府による日系人への謝罪、等が写真つきで説明されている。
今回のキオスク献納は、ビル・ステイプル氏が2005年にチャンドラー市に提案したことから、企画が始まった。ステイプル氏は、「ケンイチ・ゼニムラ」というゼニムラの野球人生を著作。日系人強制収容所の歴史保存をチャンドラー市に提唱した。
そして、12年後の本年、その提唱が「ノゾミ公園」のキオスクとして現実化した。「ノゾミ」の命名は、未来の希望を意味し、日本語で公園の名前が付けられることになった。
献納式には、チャンドラーの市長、副市長、市会議員、チャンドラー博物館代表、日系市民協会代表、ダイヤモンドバックス代表、ヒラリバー・インディアン居留区代表などが駆けつけ、祝福のスピーチをした。カリフォルニアからは、、ヒラリバー強制収容所体験者であるゼニムラの子息、ケンゾー・ゼニムラ氏(90歳)、同じく体験者のテッツ・フルカワ氏(90歳)、そして二世野球の歴史研究を手がけているケリー・ナカガワ氏が挨拶した。また、地元からケン小塩氏の音楽演奏も行われた。
ノゾミ公園の住所は、250 S. Kyrene Road, Chandler。

ケンゾー・ゼニムラ氏
ノゾミ公園

 

 

・JBAAが新年会

1月21日夕刻、JBAAが第26回新年会を開催した。会場は、これまでのスチール・インディアンスクール公園から、今回初めて、リングリー・マンションの宴会場に移された。リングリーは、ウイリアム・リングリーのことで、世界最大のチューインガム会社の創始者。その彼が作った大邸宅が、今では、結婚式や宴会などで使われている。
新年会には、JBAA会員、アリゾナ学園、日本親善庭園、日系市民協会、アリゾナ友の会、アリゾナ祭り実行員会などの代表者が集った。挨拶にかけつけたロサンゼルス総領事館の島内領事は、トランプ新大統領の就任に言及し、アメリカの対日赤字や日系企業へ厳しい批判を表明しているトランプ新大統領による、今後の日米関係、また在米日系企業への影響を憂慮。大使館、領事館では、機会あるごとに日系企業によるアメリカ社会への貢献を訴えていると語り、今後、さらに在米日本企業に勤める一人一人がアメリカ社会への良き貢献をアピールしていく必要があると述べた。
新年会は、例年のごとく、日本語弁論大会優勝者の弁論披露、サイレント・オークション、子供たちによる餅つきなどで、本年の出発を祝した。