海外で生活するということ
自然に優しく生きる ~海洋生物と便利な暮らし~
AYA世代のがん
コロナ禍での小児救急の現場とワクチン
心と体のやる気スイッチON!
知っておきたい、人類史上最速のワクチン
飛蚊症(ひぶんしょう)
味覚障害について
ピンクリボン月間 
乳がんは早期発見早期治療
自律神経と健康
21日間プチ断食に挑戦
発酵食品の魅力
ビタミンDへの期待
世界は一つ。新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
感染経路から感染予防を考える
肌保湿の大切さ
オピオイドクライシスとは
 
 
 

コロナ禍での小児救急の現場とワクチン

 みなさん、お元気ですか?気持ちの良いアリゾナですね~!ワクチンも供給が追い付いてきて、16歳以上の接種が始まりました。私も先日ファイザーの一回目を接種してきました。改めて、「体調を整えて接種すること」をおすすめします。という私は、残念ながらいろんなことが重なり、睡眠不足の状態でワクチン接種日を迎えてしまいました。ワクチンの副反応なのか、ただの疲れからなのか、判断のつかない頭痛がありました。ただ、どちらが原因だったにしろ、普通に仕事もこなし、ゆっくり睡眠をとったらよくなりましたので、特に深くは考えていません。注射針の痛みもなかったです。ワクチン接種を決められた方は、体調を整え、前日はぐっすり寝て、リラックスして会場に行かれてくださいね。

AYA week 2021

 福岡を拠点に活動する「NPO法人がんのママをささえ隊ネットワークETERNAL BRIDGE」のスタッフとして、今年から活動を始めました。代表の医師である金城舞先生は、中高の同級生でもあり、私の乳がん検診の主治医でもあります。発足当初から活動理念に共感し、応援していたのですが、コロナ禍でオンライン化が進む中、アリゾナからでもできるお手伝いがあるのではないか、と今後の私のライフワークの一つとして参加させていただきました。日本では、3/14-21の1週間、“AYA week 2021”と称して「若い世代とがん」の今を伝える啓蒙ウィークが開催されました。私たちETERNAL BRIDGEは、「がんと向き合うママと家族の『共に生きる』笑顔の絆WEB写真展」を開催しました。動画編集に携わったのですが、お一人お一人の笑顔とストーリーにいろんな想いや祈り、希望が込められていていました。AYA 世代のがんでは、妊娠を機にがんと診断された方も多く、いかに若年性のがんを早期発見するか、育児をしながら、仕事をしながら、どのようにしたらもっと『共に生きる』ことがラクになるのか、とても考えさせられました。
 ちょうどアメリカでは、4/5~11に“AYA Awareness Week”の啓蒙活動が開催されます。今回は、様々なライフステージの変化を体験する“AYA世代のがん”をみなさんに知っていただきたく、このテーマを取り上げました。

 

AYA世代とは?

 AYA・AYA世代という言葉を初めて聞かれた方も多いかと思います。AYA世代とは15歳-39歳までの世代を意味し「Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)」を略したものです。AYA世代は、就学、部活、友達、恋愛、アルバイト、一人暮らし、就職、結婚、妊娠、子育て、、、多くの方が親から自立すると共に、人生の中でも多くの変化を年単位で体験する世代です。自分の価値観が大きく変わり、出会いと別れを繰り返し、人生の選択肢が広がる時期でもあります。そんな時期にがんと診断された場合、心身に大きく影響を及ぼすことは容易に想像がつきます。

変異株の影響、子供の感染者数は増えている?
最近では変異株の流行も見られています。元々、ウイルスというものは変異するものですが、子どもにも感染しやすく変異しているのでは?という知見も出ています。現場での変化は感じますか?

「現場では、子どもの感染者が増えているという感覚はあまりないですね。基本的に子どもは重症化しにくいといわれるので、新型コロナに感染しても軽症者が多いイメージです。ティーンネイジャーでは重症化して入院しているケースはありますが、最近急に増えたという感覚はありません。いわゆる学童期の子供たちの感染は、まだ少ないと思います。」

妊娠中でのワクチン接種への不安
岩野先生は、3月に出産を控えた妊婦さんでもあります。妊婦は、新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすいといわれています。現在、アメリカでは妊婦や授乳婦も医師と相談の上、リスクとベネフィットを考慮して、ワクチン接種が可能です。医療従事者として、妊婦として、ワクチンを接種する不安はありましたか?

「不安はありませんでした。筋肉注射による痛みや打った後のしんどさなどの副反応もある程度は覚悟しているので、それが怖いという気持ちはありませんでした。不安があるといえば長期的な副反応くらいですね。自分で調べられる範囲で調べてみて、不安定なmRNA(メッセンジャーRNA)を利用しているということだし、治験の報告書からも大丈夫だろう、と判断しました。 ワクチン接種を決断した時点で、妊娠26週で安定期に入っていたというのも、決断した理由の一つでした。もし、まだ妊娠初期で安定していない時期だったら、少し時期をずらしたりしていたかもしれません。」

ワクチン接種後の副反応は?
今回のmRNAのワクチンは、2回の接種が必要なワクチンです。主な副反応としては、接種部位の腫れ、発赤、発熱、倦怠感、頭痛などが報告されています。副反応の症状は、1回目よりも2回目の方が強くでる方が多いと言われています。岩野先生はファイザー社のワクチンを接種されましたが、副反応などはいかがでしたか?

「私の場合は、副反応はほとんどなかったです。少し筋肉痛のようなものがあって、でも普通に生活していたら、痛みを忘れる程度でした。1回目は、ワクチンを打ったことを神妙に受け止めて大人しく過ごしましたが、2回目は、接種後にボクシングをしました。ジャブを打った時に、「あ!今日ワクチン打ったんやった」と、思い出したくらいでした。その後、少ししんどいかな、という程度の倦怠感があった程度でした。」

今後子供へのワクチン接種が増える?
現在は、ファイザー社のワクチンが16歳以上、モデルナ社のワクチンが18歳以上での使用になっていますが、低年齢(12~17歳)での子供への治験が進められています。今後、子どもへのワクチン接種の拡大が推奨された場合はどう思いますか?

「大人もそうですが、子どもも、ワクチンを接種するメリットがあるかどうかが判断基準になると思います。生活している環境や持病などによって、考え方も変わってきます。現状の重症化しやすい、感染しやすい人たちをフェーズ分けして、順に必要な人が打つか打たないか選択をしていったらいいと思います。」

感染しないよう心がけていることは?
パンデミックから一年。初期の段階では、未知のウイルスに対して分からないからこそ、人々は色々な対策をしてきました。今振り返ると、行き過ぎた対策も中にはあったかもしれません。先生が今でも感染しないように心がけていることはありますか?

「病院で患者さんを診療するときは、マスクにアイプロテクターなどをつけて、感染を防いでいます。外に出る時は、マスクをするなど基本的なことをしています。一年前のパンデミック初期は、もっと細かく気を遣っていました。通勤の行き帰りの洋服を替えたり、帰宅後はシャワーを浴びたり、注意していました。最近では、一ヶ月に1,2回は帰宅後に疲れ果てて、着替えずに倒れ込むようなこともあります。ただ、靴だけは今も車の中で履き替えています。 あと、こうした方がいいよと、言われることに対して、あらがわないようにしています。心と頭を柔軟に切り替えられるように心がけています。」

子をもつ親として、医師として、伝えたいこと
人それぞれ、考え方や環境なども違うので、一人一人ができる感染対策や行動も変わってくると思います。まだ終わりが見えない中で、重症化しやすいと言われる妊娠中で、小児救急医療に携わる身として、子育て世代の方々へのアドバイスをお願いします。

 「いろんな意味でバランスがとても大事だと思います。もちろん、感染対策として気を付けるに越したことはないですが、確かな情報源からのガイドラインを知り、その範囲内でのことを守っていれば、その後は個人個人の考え方次第だと思います。なかなか頭が休まらない状況ですが、あと2年くらい自分たちが燃え尽きないくらいのペース配分は大事だと思います。子どもの学校選びなどでも、自分の考えに合う選択ができない場合は、学校を変えるという選択肢も出てくることもあるのではないでしょうか。無理をしてまで何かを強要されるべきではないと思います。最終的には、「自分で調べて自分で決める」ことがとても大切になると思います。」

 

 “常に変わりゆくコロナ禍”で、いかに自分や家族、地域を守っていくのか、参考になるお話をありがとうございました。情報や対応、ルールも常に変化しています。医療者だけではなく、一人一人があふれる情報を正確に理解し納得して、自分たちの生活や健康に役立てていく時代になってきています。妊婦で小児救急に携わり、ボクシングで自分の息抜きも上手にバランスよくされている岩野先生。とてもエネルギッシュで、かつ幅広い視野をもってある素敵な先生でした。お忙しい中、本当にありがとうございました。


尾中景子

福岡県出身。2002年、熊本大学薬学部卒業。九州大学病院に約7年間勤務。主に医療チームの一員として入院患者への服薬指導、学会への論文発表、学生の指導などを主な仕事とする。2009年、結婚を機にアリゾナに移住。2016年、自分の好きなことを始めよう、と元々興味のあったアロマセラピーの世界へ。ハワイ・カイルアの米国NAHA協会認定校 Ohana Healing Instituteにて、オンラインや現地での勉強を重ね、クリニカルアロマセラピスト・ハワイアンヒーリングハーブの資格を取得。現在、日本語で米認定アロマセラピーの資格が取れるスクールKokopelli Healing Arizona主宰。他に、にほんごであそぼ&つくろin Arizona~日本をつなぐ~主宰。
メール