オアシス・ニュース

 

6月29日

アリゾナ州知事、バーとジムの営業停止命令を発令。今日午後8時から措置。

 

 今日午後、アリゾナ州のドューシー知事は、急増する新型コロナウイルスの感染対策として、本日午後8時より全州のバー、ジム、映画館の営業停止を命令した。また、ウォーターパークやチュービングも本日午後8時より停止命令の対象となる。なお、教会やレストランは対象外となる。

 その上、州内で50以上が集まる集会などは、全て規制対象となり、禁止命令が下された。

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

6月27日発信

新型コロナウイルス緊急クイックアンケート調査、第5回(6月26日〜7月1日)協力のお願い

JETROより

 日頃より大変お世話になり、御礼申し上げます。


 さて、トランプ大統領は6月22日,特定の非移民ビザ(H-1B,H-2B,J-1, L-1)の発給を本年12月31日まで停止する大統領布告に署名しました。同布告は24日発効し、在米日系企業のビジネスへの影響が懸念されています。その他、経済再開の動きが続く中、事業環境も引き続き変化しております。こうした状況のもと、日系企業の皆様の今後の事業活動のご検討などにお役立てていただくため、第5回の緊急クイックアンケート調査を実施させていただくことにいたしました。なお、アンケート結果は日本政府関係者にも提供し、今後の対応方針の重要な検討材料としていただく予定です。

 つきましては、大変ご多忙のところ誠に恐縮ですが、可能な範囲でアンケート調査にご協力を賜れましたら幸いです。
また、今後の支援活動にも繋げてまいりますので、お困りごと、ご質問、ご要望等についても何かございましたら、ご記入いただければ幸いです。
ご回答の内容は個社名がわからない形でとりまとめ、7月2日(木)中フィードバックさせていただく予定です。

 なお、なるべく多数の企業様にご回答いただくため、各地の日本人商工会議所などにもご協力をいただいており、同じアンケートのご依頼が重複して届いてしまった場合には何卒ご容赦願います。


回答〆切: 7月1日(水)午後3時(東部時間)(中部時間午後2時、西部時間午後12時)まで

回答以下からお願いします(選択式の簡易なアンケートで、所要時間10〜15分程度)

【アンケート回答画面へのリンク】
 https://www.jetro.go.jp/form5/pub/ama/covid19_survey_06

※同一所在地の事業所からは代表の方1名にご回答願います。重複があった場合にはジェトロの方で適宜確認・削除いたします。
※「業種」について迷われた場合は、親会社の主力製品・サービスに従って回答ください。

本アンケート調査に関するお問い合わせ先
ジェトロ ロサンゼルス事務所 担当:サチエ・ヴァメーレン
E-mai:lag-research@jetro.go.jp

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

6月26日発信

アリゾナ州での新型コロナウイルスの感染、急増に歯止めならず

 アリゾナ州衛生サービス局によると、昨日から今日までの1日で新型コロナウイルス感染者は、新たに3,428人増となった。マリコパ郡では、感染者全体の3分の1が過去1週間で感染した数に相当しており、その急増が驚くほどのスピードで進んでいることを示す。

 また、自宅待機命令が期限切れになった5月半ば以降の感染者は、大半が若い世代で、感染しても症状の自覚がないまま、他人に感染させているケースも多いという。

棒線グラフは感染者数を示し、折れ線グラフは、感染者の週平均を示す。

棒線グラフは、死亡者数を示し、折れ線グラフは、死亡者の週平均を示す。

 


-------------------------------------------------------------------------------------------

6月25日発信

NY州,NJ州及びCT州による新型コロナウイルスの感染が拡大する地域からの移動に関する勧告について

在ロサンゼルス日本国総領事館より 

(特にアリゾナ州にお住まいの方はご注意願います。)

 在ニューヨーク日本国総領事館は,次のようなメールを発信して注意を呼びかけていますのでお知らせいたします。
なお,今日現在,当館管轄地域ではアリゾナ州が対象となっていますが,今後の感染状況により,カリフォルニア州が対象となることもあり得ますので,今後ともこれらの情報に留意してください。

(ニューヨーク総領事館から発信されたメールの内容)
 本6月24日,クオモ・ニューヨーク(NY)州知事,マーフィー・ニュージージー(NJ)州知事,ラモント・コネティカット(CT)州知事は,感染が拡大する他の州からこれら3州へ移動する者に対して14日間の隔離を科す勧告(Travel Advisory)を発表しました。同勧告の概要は以下のとおりです。
 ついては,対象となる州よりこれら3州に移動される場合には,御留意願います。
- 発効時期:本24日深夜
- 隔離を実施する期間:14日間
- 隔離の対象者:対象州からNY・NJ・CTの3州に移動する全ての者
※3州に居住していて一時的に対象州に移動していた場合も含む。
- 対象州:以下の基準を満たす州
- 対象州となる基準:直近7日間の平均で,陽性者数が10万人当たり10人以上又は陽性率が10%以上の州
※本日時点では9州が該当:Alabama, Arkansas, Arizona, Florida, North Carolina, South Carolina, Washington, Utah, and Texas
- 罰金:違反者には罰金を科すことがあり得る。
※NY州の罰金:初回2000ドル,2回目5000ドル,それ以降1万ドル
- その他留意事項:3州への移動そのものを禁じるものではない。



 

-------------------------------------------------------------------------------------------

6月23日発信

ジェトロ通商ウェビナー「北米の通商政策〜USMCAを中心に〜」(7月2日)のご案内

JETROより 

 ジェトロ・ニューヨーク事務所では四半期に一度、米国トランプ政権の通商政策の最新動向をお伝えする通商ウェビナーを開催しております。今回も、前回3月末開催以降のアップデートをお伝えすべく、ウェビナーを開催いたします。

 その中でも、最も大きなニュースがUSMCAの発効(7月1日〜)となりますので、今回はジェトロ・メキシコ事務所、ジェトロ・トロント事務所からもスピーカーを招いて、USMCAの内容と影響に重点を置いて、お伝え致します。特に前半部分では、USMCAの自動車分野原産地規則に関する主要点について、統一規則(UR)の内容を反映した実務的な内容を詳しく解説を致します。

 奮ってご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

■日時:2020年7月2日(木)午後1:00〜2:45(西部時間)、午後3:00〜4:45(中部時間)、午後4:00〜5:45(東部時間)

■講師:

中畑貴雄 ジェトロ・メキシコ事務所次長

酒井拓司 ジェトロ・トロント事務所長

磯部真一 ジェトロ・ニューヨーク事務所 調査担当ディレクター

■定員:1,000名

■お申込:以下のリンクよりご登録ください https://attendee.gotowebinar.com/register/5792829095749989136

※講演資料はご登録いただいたEメールアドレス宛に事前にURLリンクの形でお送りする予定です。

※万が一、定員を超えて登録出来なかった場合でも、また、今次大変お忙しくご覧頂けるお時間がない場合でも、後日資料のダウンロードと録画データのウェブ視聴が可能です。

お問い合わせ

ジェトロ・ニューヨーク事務所

natsue_yoshida@jetro.go.jp(担当:吉田)

 

ジェトロビジネス短信『米商務省、ファーウェイへの輸出管理規則を限定的に緩和、米企業の標準化機関への参画を後押し』他

JETROより

━━━━━━━━━━━━
■ビジネス短信
━━━━━━━━━━━━
『米商務省、ファーウェイへの輸出管理規則を限定的に緩和、米企業の標準化機関への参画を後押し』
米国商務省産業安全保障局(BIS)は6月18日、輸出管理規則(EAR)上のエンティ
ティー・リスト(EL)に掲載している、中国の華為技術(ファーウェイ)などに
対する輸出管理の一部を限定的に緩和する暫定最終規則を官報で公表した。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/25847d6c815df616.html

『5月の米小売売上高、前月比17.7%増、過去最大の増加幅を記録』
米国商務省の速報(6月16日付)によると、5月の小売売上高(季節調整値)は
前月比17.7%増の4,855億ドルと、1月(0.8%増)以来4カ月ぶりに増加に転じ、
統計開始(1992年)以来最大となる増加幅を記録した。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/9760037431bc9ede.html

〜〜〜【北米における新型コロナウイルス対応状況】特集ページはこちら〜〜〜
https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/us/
※新着「解説レポート」
・カリフォルニア州業務用ガイダンス:店内飲食レストラン向け(仮訳)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

6月20日発信

マリコパ郡、マスク着用の義務付け発表

 

 フェニックスおよびその近郊都市を含むマリコパ郡が郡内の全ての市民にマスクの義務付けを発表した。フェニックス市、グレンデール市、スコッツデール市はすでに市が独自にマスクの義務付けを発表しており、郡の方針と一致している。ケイブクリークとファウンテンヒルズの町は、郡の発表に反対の意を表している。メサ、グッドイヤー、バッカイの地方自治団体は、正式発表はまだされていないが、義務化への方向に動いている。

 マリコパ郡は、昨日(金)までに25,945人の感染者、585人の死亡者が確認されていて、その状況は深刻化している。

 郡のマスク義務化は、6歳以上の市民で、食料品店やその他の小売店、ホテル、レストラン、バー、ジム、そしてバスなどの公共交通機関の中が対象となる。2歳から5歳の子供が親あるいは大人と一緒で公共スペースにいる場合は、マスクなり何らかの顔を覆う物を着用させなければならない。また、店の従業員は、客との対応時にマスク着用が義務付けられた。

 今回の郡の発表の強制力に関しては、不確かで、各市によってその反応が異なり、全ての足並みが揃う所には到らない。郡は、このような義務化の方針は州政府が本来すべきであるとしているが、最も感染者が多いマリコパ郡では、必要に迫られての発表決定となった。

 

ジェトロビジネス短信『バイデン氏がトランプ大統領をややリード、米世論調査結果』他

JETROより

━━━━━━━━━━━━
■ビジネス短信
━━━━━━━━━━━━

『バイデン氏がトランプ大統領をややリード、米世論調査結果』
米国コネチカット州のキニピアク大学が6月18日に発表した世論調査の結果によれ
ば、大統領選挙での直接対決を想定した設問で、ジョー・バイデン副大統領が
ドナルド・トランプ大統領を8ポイントリードした。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/ba0dc3d7284017b2.html

『米主要航空会社、乗客にマスク着用の義務付けを強化』
米航空業界団体のエアラインズ・フォー・アメリカ(A4A)は6月15日、会員企業
である米国の主要航空会社が乗客・乗員に対しマスク着用の義務付けを強化する
と発表した。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/7da0785abc5446c2.html

『米カリフォルニア州、公共スペースなどでのフェイスカバー着用を義務化、知事は州内一部の郡の感染状況悪化を懸念』
米国カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は6月18日、新型コロナウイル
ス感染対策の一環として、同日から州内でのマスクなどフェイスカバーの着用を
義務化すると発表した。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/fc0bc66341d66a51.html


『米FRB、中堅・中小企業向け「メインストリート融資プログラム」を開始』
米連邦準備制度理事会(FRB)は6月15日、中堅・中小企業向けの支援策である
「メインストリート融資プログラム」について、企業に融資を行う貸主の登録
受付を開始した。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/c5234bfef96514d6.html

『米テキサス州、感染拡大を受け9市長が州知事にマスク着用規則の制定権を要求』
米国テキサス州のヒューストン市やサンアントニオ市、ダラス市など州内9都市
の市長は6月16日、グレッグ・アボット州知事宛てに連名で書簡を送り、フェイス
カバーの着用に関する規則を、各市の裁量で制定する権限を認めるよう知事に
求めた。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/06/b0c376698412e093.html


〜〜〜【北米における新型コロナウイルス対応状況】特集ページはこちら〜〜〜
https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/us/
※新着「解説レポート」
・カリフォルニア州業務用ガイダンス:店内飲食レストラン向け(仮訳)

※新着「動画による解説」(オンデマンド配信)
・新型コロナウイルス対策ウェビナー −事業再開にまつわる法律問題の解説と
テネシー州政府のガイドライン解説−
・カリフォルニア州ガイドライン解説ウェビナー −飲食店Dine-inビジネス再開
に向けて−
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


-------------------------------------------------------------------------------------------

6月19日発信

(注意喚起)奴隷解放記念日(ジューンティーンス)について

 在ロサンゼルス日本国総領事館 より

○ 6月19日(金)は、奴隷解放記念日です。現在のところ具体的な情報に接していませんが、ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人が死亡した事案に関連した抗議行動が全米に広がったことなどから注目度が高まっており,一部抗議団体からは明日のデモ参加働きかけを示唆するメッセージが発出されております。

○ このため、南カリフォルニア,アリゾナ州においても抗議行動などが突然に発生する可能性があり、当初は平和的に実施されていても,何らかのきっかけで暴力的な騒動に発展する恐れがあります。

○ 在留邦人の皆様並びに当地滞在中の邦人の皆様におかれましては,不測の事態に巻き込まれることのないよう,報道などにより最新情報の入手に努めるとともに,不要不急の外出を避け,抗議デモや集会など群衆が見られるところには決して興味本位で近づかず,その場から速やかに離れる等,ご自身を守る行動に留意していただくよう引き続きお願いします。

 

昨日の新型コロナウイルス感染者、さらに記録破りの増加

 

 昨日6月18日(木)のアリゾナ州における新型コロナウイルス感染者増は、これまでの記録をさらに更新する数を示した。今週火曜日(16日)に記録更新の2,392人だったが、昨日は、2,519人が新たに感染者として確認された。

 水曜日(17日)における新型コロナウイルス関係の救急病院来院者、集中治療室患者数は、これまでの州内全病院の記録では、史上最大の数に達した。

  • 昨日確認された新たな感染者数は6.2%増。これまでで総計40,924の感染者が確認されている。
  • 郡別では、マリコパ郡が最高で、23,880人。次がピマ郡で4,682人。
  • ナバホ・ネーションでは、火曜日(16日)までに感染者数6,747人、死亡者322人が報告されている。
  • 州内の刑務所でも多くの感染者が確認されており、これまで281人が感染者。2,804人がウイルスのテストを受けた。刑務所内囚人総計は、40,510人。
  • 新型コロナウイルスによる死亡者は、1日で32人増え、合計で1,271人。
  • 郡別の死亡者数は、マリコパ郡がトップで235人。次にピマ郡が93人。
  • 死亡者の75%が65才以上の方。

 


-------------------------------------------------------------------------------------------

6月18日発信

アリゾナ州知事、新たな州知事命令を発表

 

 アリゾナのドューシー州知事は、昨日、記者会見を行い、州内で過去1週間以上の間、急増している新型コロナウイルス感染への対策として、次のような州知事命令を発表した。

 州内の全てのビジネス(営利、非営利に関わらず)において、適切な規制を遵守すること。(これまでは奨励であったが、今後は命令となり、従わない団体は法令違反となり、何らかの罰則が課せられる可能性がある。)

  • 従業員と客との物理的距離は、それが可能でない状況を除き、最低6フィートとする。
  • 人が特定の関心を持って集まる可能性のある状況では、客と客との距離を6フィート保つために、そのスペースの人数許容数を減らすこと。
  • 可能な限り、従業員にマスクを提供しその着用を要請すること。
  • 仕事を開始する前に体温の検査をするなど、従業員の健康状態を確認すること。
  • 従業員の病気が明らかになった時は、速やかに他の従業員から隔離し、自宅に戻すか医療施設に行かれるように交通手段の手配をすること。
  • 病気の従業員には、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)が出している健康基準に見合うまで、自宅にとどまって、出勤をさせないこと。

 

 また、知事は、ツイートで、市民が外出する時のマスク着用に関して、強調はするが、義務付けはしないと発表した。これを受け、フラッグスタッフ、トールソン、そしてツーソンの市長は、州知事に対し、市が義務付けの操作を可能にできるよう要請した。

 それに対し、州知事は、マスクの着用義務は、各市の自治団体が権限を持つと発表。この発表で、それぞれの市はマスク着用義務への方向に動き始めた。メサ市のジャイルス市長は、義務付けの宣言署名を今日行うと表明。フェニックス市のガイェゴ市長は、市議会の投票で決めるとした。ツーソンのロメロ市長も、今日、義務付け宣言を発表することを示唆した。その他の地方自治団体がどのように動くかが注目される。

 アリゾナにおける新型コロナウイルスの感染は、確実に脅威となりつつある。昨日、サプライズ市のホール市長がウイルス感染テストで感染が確認された。また、ローンビュット・カジノで警備員として働いていたロバート・ワシントン氏が新型コロナウイルスに感染して、先週死亡したことが報道された。このカジノは、ウイルスで営業を停止し5月15日にビジネスを再開したが、彼は、その職場で感染した可能性が強い。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

6月17日発信

カリフォルニア州トーランス市における日系店舗への脅迫について

在ロサンゼルス日本国総領事館より

○15日,カリフォルニア州トーランス市内にある日系商店の店舗入口に脅迫文が張られる事件が発生しました。現在,察当局が捜査中であり,また,直接的な被害は今のところありませんが,当館としても当局に対し強い懸念を表明して,当該関係者の安全確保を含めしっかり対処するよう申し入れているところです。

○最近の反人種差別運動に呼応して様々な事件が発生していますが,先のトーランス市におけるアジア系女性への暴言報道に続き,比較的安全とされている地域でも人種差別的な事件が発生しており,十分注意する必要があります。

在留邦人の皆様におかれては,目立つことのないよう言動に十分留意して生活していただくとともに,もし,同様の事案を受けたり耳にしたりした場合には,速やかに総領事館までご連絡いただければと存じます。