オアシスニュース

1月20日

2021年度(令和3年度) 国際機関幹部候補職員選考試験 国連女性機関(UN Women)のご案内

外務省国際機関人事センターより

 外務省では、国連をはじめとする国際機関への若手日本人(ジュニア・プロフェッショナル・オフ ィサー(JPO))の派遣に加え、2017年度から、一定期間以上の特定の職務経験を有するミッド キャリアの方々の中から将来的に国際機関の幹部ポストを担い得る日本人を選抜し、国際機 関に派遣する国際機関幹部候補職員選考試験も行っています。同試験により派遣される日本 人職員には、国際機関での経験と実績を積みながら、将来の幹部ポストを獲得していくことが 求められています。


 このような選考試験を国連女性機関(UN Women)の下記ポストを対象として実施します。ポスト の概要(Job Description)、試験への応募方法などは、募集要項をご覧ください。応募締切は日 本時間2022年1月27日(木)14時(米国東部時間2022年1月26日(水)24時)、派遣人数は1人で す。


 応募は、UN Womenが指定する下記応募サイトでのみ受け付けます。

  応募サイト:https://jobs.undp.org/cj_apply.cfm?cur_job_id=104113


 日本国内及び国際場裡におけるジェンダー平等・女性の権利についての高い知見とともに、政 府・民間セクターとの戦略的連携関係を構築する能力や政府・民間セクターからの資金調達業 務の経験を有する多くの優秀な日本人の方の応募をお待ちします。


【募集対象ポスト】
国連女性機関(UN Women)駐日連絡事務所(Japan Liaison Office (JLO)(勤務地:日本、東 京)、Partnership and Resource Mobilization Specialist (P4)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1月18日

「コーヒーが冷めないうちに」、バーチャル上映

 川口俊和の脚本でで2010年3月に初演された日本の戯曲が映画化された「コーヒーが冷めないうちに」が、バーチャル上映される。喫茶店「フニクリフニクラ」のある席に座ると自分が望む過去に戻れるという。そして、その体験をする人々が次々と登場する。

 今回のバーチャル上映は、ワシントンDCの在アメリカ合衆国日本国大使館の広報文化センターが主催して、日本文化紹介の一環として、この映画を上映する。映画は、日本語で英語の字幕付き。無料一般公開。 

 映画鑑賞をするためには、Eventiveに登録し、無料でオーダーできる。登録は1月20日( 午前8時:アリゾナ時間)から受付が始まる。

。サイトは、ここ

 バーチャル上映は、1月28日(金)午後2時(アリゾナ時間)から72時間の間。

 

 

「ドライブ・マイ・カー」、ツーソンで上映

 堀越耕平による日本の漫画作品がテレビアニメ化され、2021年に製作されたアニメ映画「僕のヒーローアカデミア」がツーソンの映画館で上映される。人類を滅亡に導く謎の団体のテロから人々を救うプロヒーローの戦いを描くアニメ。日本語で英語の字幕付き。

上映の詳細は、下記の通り。

日時:1月21日(金)〜27日(木) 午前11:45、午後3:00、午後6:30

場所:The Loft Cinema, 3233 E. Speedway Blvd., Tucson, AZ

サイト

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

1月14日

<事前広報>新規プロジェクト始動!日系企業PRビデオ制作 –日系企業の企業価値向上を領事館がサポートします-

在ロサンゼルス日本国総領事館より

 

 在ロサンゼルス総領事館は管轄である南カリフォルニア、アリゾナへの日系企業の新規進出及び広報PRを支援します。
昨年当館の呼びかけに依って制作し、好評を得た「水素社会実現に向けた広報ビデオ」
https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/RoleOfHydrogenEnergy.html)の構成を引き継ぎながら刷新し、多種多様な創意工夫により日系企業が当地を基盤として取り組もうとする事業に焦点を当て、日本の先進性を発信するとともに企業価値の向上に協力します。
 
 例えば米国政府関係者等へのリーチアウトは個別企業では困難を極めますが、当館では日常的に意見交換を行っています。制作したビデオをその場で活用し、皆様に代わって日本ブランドの発信、その後のビジネス機会を創出します。
 
 新型コロナによるパンデミックにより、実際に渡航しての新規進出のためのニーズ調査やカウンターパートの発掘等でお困りの企業、ゆくゆくは米国市場の進出を検討したいが、ゼロから個社で新天地での企業PRには限界を感じている日系企業の担当者さま等は是非以下をご確認いただくとともに正式案内(公募開始)をお待ちください。

<概要>

・「スタートアップ」「デジタル」「気候変動」「エシカル消費」「SDGs」「メタバース」「フィンテック」「ダイバーシティ」「バイオ」「女性活躍」の10テーマに関心を有する日系企業へ日本の先進性及び企業PRビデオ制作に関する協力公募を行う。

その後,公募結果を踏まえ必要に応じてテーマを集約・統合等し,PRビデオを制作・広報する。  

<使用用途>

・当館ウェブサイトやSNS等での発信。

・当館主催イベントでの上映。

・当地州、郡、市幹部との意見交換、表敬時の上映。  

<対象企業>

・在米又は日本に本社がある日系企業で,かつ今後加州(特に南カリフォルニア)又はアリゾナへの進出を検討,又は既に進出している日本の先進性を発信できる企業  

<対象となる視聴者>

・主として南カリフォルニア、アリゾナ在住の政府、企業関係者又は一般消費者等   <ビデオ構成> ・使用言語は英語(英語ナレーション及び部分的な英語字幕、BGMあり)

・インタビュー等での英文スクリプトは総領事館が協力、支援。

・インタビューや映像撮影に加え、2Dアニメーションやモーショングラフィクス

※2021年作成「水素社会実現に向けた広報ビデオ」に似た構成を念頭。 https://www.la.us.embjapan.go.jp/itpr_ja/RoleOfHydrogenEnergy.html

※撮影は撮影専門スタッフを派遣して実施(企業の負担は必要ありません)。ただし、遠方や米国外の場合に映像を自社で制作して提供いただく場合あり。  

<ビデオの長さ(5テーマ)>

・3分×5テーマ (合計15分)

※出演企業は10社程度を想定:公募により決定  

<ビデオ制作スケジュール(案)>

事前広報    2022年1月14日

公募開始    2022年1月中下旬 公募結果発表 2022年2月中旬

ビデオ制作   公募結果発表~2022年3月末まで

※予算等の事情によって本件は予期せず一部又は全部中止となる可能性があることご留意ください。  

<その他>

本件について、ご質問があれば随時以下連絡先までお問い合わせください。回答等は随時HP等においてアップデートします。

 
問い合わせ先
在ロサンゼルス総領事館(経済班) 
350 S Grand Ave. Suite 1700
Los Angeles, CA 90071
西上・伊達(日本語)、ブライアン(英語)TEL 213-617-6700
E-mail: keizai@ls.mofa.go.jp

 

(FAQ)日系企業PRビデオ制作について
(質問と回答)日系企業PRビデオ制作について<2022.1.14時点>

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「僕のヒーローアカデミア(My Hero Academia)」、ツーソンで上映

 堀越耕平による日本の漫画作品がテレビアニメ化され、2021年に製作されたアニメ映画「僕のヒーローアカデミア」がツーソンの映画館で上映される。人類を滅亡に導く謎の団体のテロから人々を救うプロヒーローの戦いを描くアニメ。日本語で英語の字幕付き。

上映の詳細は、下記の通り。

日時:1月21日(金)、22日(土) 午後10:00

場所:The Loft Cinema, 3233 E. Speedway Blvd., Tucson, AZ

オンラインチケット

 

 

 

 

 

1月12日

「偶然と想像(Wheel of Fortune and Fantasy)」、バーチャル上映

 澤口竜介監督の日本映画『偶然と想像』(英語名:Wheel of Fortune & Fantacy)がツーソンで上映される。これは、2021年制作の3つの短編からなるオムニバス映画。第71回ベルリン国際映画祭に出品され、銀熊賞を受賞した作品だ。この映画がバーチャル上映される。

 今回のバーチャル上映は、ワシントンDCの在アメリカ合衆国日本国大使館の広報文化センターが主催して、日本文化紹介の一環として、この映画を上映する。映画は、日本語で英語の字幕付き。無料一般公開。 

 映画鑑賞をするためには、Eventiveに登録し、無料でオーダーできる。登録は1月12日( 午前8時:アリゾナ時間)から受付がはじまる。サイトは、ここ

 バーチャル上映は、1月24日(金)午後2時(アリゾナ時間)から72時間の間。

 

 

 

1月11日

本年のアリゾナ祭り、バーチャルで開催決定


 本年のアリゾナ祭りは、第38回回目のイベントとなる。昨年は、コロナウイルス感染が拡大して、バーチャルで行ったが、本年も昨今のオミクロン株による感染者急増という状況を鑑み、再び、バーチャルの開催をすることが決定された。

 なお、当イベントで行われる俳句エクスポは、オンラインで下記の通り実施される。

 参加締切:2月22日

 参加者:アリゾナ在住者

 費用:無料

 カテゴリー:6(学生、大人、日本語)

 俳句提出:一人につき3歌まで

 オンライン・エントリー

 

 アリゾナ祭の詳細は、下記の通り。

 日時:2月26日(土)、27日(日)午前10から

 イベントサイト

 

 

1月10日

日本国外務省、2022年度JPO派遣候補者選考試験の募集開始


 国連経済社会理事会決議により設けられた、国際機関が若手人材を受け入れるJPO(Junior Professional Officer)派遣制度に、日本国外務省が35歳以下の若手日本人を対象に、公募を始めた。これは、原則2年間国際機関で勤務経験を積む機会を提供するもの。

⚫︎2022年度JPO試験

 受験希望者は、事前登録を行い、登録者番号を取得した上で必要書類を提出する。

 事前登録期間:1月6日〜3月7日

 応募(書類送付)期間:2月1日〜3月7日

 事前登録サイト

⚫︎募集要項・応募容姿

 応募に当たっては、要綱・様式に従って書類を作成し、所定の宛先にメールにて提出

⚫︎詳細は、このサイトにて。

 

 

 

 

12月15日

新型コロナウイルス(米国アリゾナ州からの帰国者等に対する水際措置の強化)

ロサンゼルス日本国総領事館より


●外務省海外安全ホームページからの広域情報メールにて既にご承知と思いますが、12月15日、日本政府は米国アリゾナ州を「オミクロン株に対する指定国・地域」に追加指定しました。


これにより、12月18日午前0時(日本時間)以降に米国アリゾナ州から日本に到着する帰国者・入国者は、ワクチン接種証明書の有無にかかわらず、検疫所の確保する宿泊施設で3日間(入国日を含まない)の待機が必要となり、その後、3日目に改めて検査を受けることとなります。検査の結果問題が無かった場合は、残りの期間(入国翌日から起算して14日間)は自宅等での待機となります。


●日本への帰国・入国にあたっての基本的な流れ(出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明の提出,誓約書の提出,スマートフォンの携行,必要なアプリの登録・利用,質問票Webへの登録,到着時のコロナ検査等)に変更はありません。
https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/kikokuinfo202111_01.html

【参考】
○【広域情報】新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策上特に対応すべき変異株等に対する新たな指定国・地域について)(外務省)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C159.html


○水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否,日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446,4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い,日本語の「1」を選んだ後,「5」を押してください。)一部のIP電話からは,03-5363-3013。

 

12月14日

厚生労働省からのお知らせ(空港検疫での待ち時間等)

ロサンゼルス日本国総領事館より

 海外から帰国・入国される方へ


 ご承知の通り、オミクロン株の世界的広がりを受け、日本では、緊急避難・ 予防措置として、次のような措置を厳格に講じています。


・外国人の新規入国は、全世界を対象に停止 ・日本人等は戻ることができますが、日本国の指定する国・地域から来られ
る方に対しては、宿泊施設での待機 ※


現在、このような厳格な措置により、到着空港において検疫等の手続に時間 を要しています。このため、12 月 18 日、19 日の到着便を中心として、宿泊施 設へご案内するまで時間を要するおそれもあります。


※ 指定国・地域のリスクに応じて、3 日、6 日又は 10 日間となります。 宿泊施設退所後は、入国後 14 日目まで自宅などで待機となります。 この宿泊施設は、検疫所が確保します。

 

 

ワシントン州日本文化会館が日本文化を楽しむ季節ごとの冊子を発行

 ワシントン州日本文化会館(JCCCW)では、日本文化を楽しむ季節ごとの冊子を発行してきた。この度、春夏秋冬の全4冊が出揃った。

 冊子は、日本の各季節の行事や遊び、子供と楽しめる簡単なレシピや工作などを、豊富なイラストや写真と共に日英両語で紹介している。全て無料でダウンロードできる。

 また、紙相撲などのゲーム、妖怪のお面、日本に関するクイズや着物着せ替え人形も無料ダウンロードできる。

 ダウンロードはここ

 また、当会館のサイトはここ

 

 

ツーソンレパートリーオーケストラが第3回ストリングセレナードを開催

 田川徹さん指揮でツーソンレパートリーオーケストラが第3回ストリングセレナードを公演する。

 コンサートの詳細は、下記の通り。

 日時:12月29日(水)午後7時

 場所:Grace St. Paul Church, 2331 E. Adams Street, Tucson

 サイト

 

 

 

12月9日

ツーソン日本語補修校で日本語漢字検定を実施予定

 ツーソン日本語補修校で毎年1回日本語漢字検定を実施している。今回は、明年1月29日の予定。ただし、準会場として当校で行うためには、最低10名の受験者に必要となる。現在、当補修校の在校生のみでは、受験者数が少々不足している。この検定は、誰でも受けることができる。そこで、学校外の人から受験希望者が出て、受験者が10名を超えると、当校で漢字合格を目指している生徒たちが受験可能となる。

 受験の申し込みは、12月18日が締切。

 各級の出題漢字表はここ。力試しのテストはここ

 その他参考資料:無料過去問題 練習プリント

 問い合わせは、ツーソン日本語補修校のひとみさんまでメールにて。

 

 

 

アリゾナ祭、俳句コンテスト

 本年のアリゾナ祭は、コロナ禍のため、オンラインのみの開催となったが、明年は、実質再開の予定。明年の2月26日と27日にスティール・インディアン・スクール公園にて行われることになっている。

 そこで、毎年恒例のアリゾナ俳句コンテストが行われる。

 俳句コンテストの応募詳細は、下記の通り。

 締切:2022年2月12日

 参加者:アリゾナ在住者

 参加費用:無料

 カテゴリー:6(学生、大人、日本語)

 俳句数:一人につき3歌まで

 オンライン・エントリー

 

 

12月3日

 

新型コロナウイルス(米国カリフォルニア州からの帰国者等に対する水際措置の強化)

在ロサンゼルス日本国総領事館より

 ●12月1日、カリフォルニア州においてオミクロン株による感染者が確認されたことを受け、12 月2日、日本政府は米国カリフォルニア州を「オミクロン株に対する指定国・地域」に追加指定しま した。


 これにより、12月4日午前0時(日本時間)以降に米国カリフォルニア州から日本に到着する帰国者・入国者は、ワクチン接種証明書の有無にかかわらず、検疫所の確保する宿泊施設で3日間(入 国日を含まない)の待機が必要となり、その後、3日目に改めて検査を受けることとなります。検査 の結果問題が無かった場合は、残りの期間(入国翌日から起算して14日間)は自宅等での待機とな ります。


●日本への帰国・入国にあたっての基本的な流れ(出国前72時間以内に実施したコロナ検査の陰性 証明の提出,誓約書の提出,スマートフォンの携行,必要なアプリの登録・利用,質問票Webへの 登録,到着時のコロナ検査等)に変更はありません。

https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/kikokuinfo202111_01.html


【参考】

○【広域情報】新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策上特に対応すべき 変異株等に対する新たな指定国・地域について)(外務省) https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C150.html

○水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html


【問い合わせ窓口】

○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否,日本への再入国)
電話:(代表)03-3580-4111(内線 4446,4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い,日本語の「1」を選んだ後,「5」を押してくだ さい。)一部の IP 電話からは,03-5363-3013

 

 

 

「私をくいとめて(Hold Me Back)」、バーチャル上映

 綿矢りさの小説「私をくいとめて」が映画化され、2020年12月18日に公開。第33回東京国際映画祭で「TOKYOプレミア2020」部門出品作品となった。この映画がバーチャル上映される。

 今回のバーチャル上映は、ワシントンDCの在アメリカ合衆国日本国大使館の広報文化センターが主催して、日本文化紹介の一環として、この映画を上映する。映画は、日本語で英語の字幕付き。無料一般公開。 

 映画鑑賞をするためには、Eventiveに登録し、無料でオーダーできる。登録は12月5日( 午前8時:アリゾナ時間)から受付がはじまた。サイトは、ここ

 バーチャル上映は、12月17日(金)午後2時(アリゾナ時間)から72時間の間。

 

 

11月22日

「スパイの妻 (Wife of a Spy)」、バーチャル上映

 黒沢清、野原位、澤口竜介の共同脚本作品、「スパイの妻」。舞台は1940年。満州をビジネスで訪れた夫とその妻、そして太平洋戦争へと突き進む日本の国家機密が絡んで展開されるサスペンス、恋愛映画がバーチャル上映される。この作品は、第77回ヴェネツイア国際映画祭コンペテション部門銀獅子賞を受賞している。

 今回のバーチャル上映は、ワシントンDCの在アメリカ合衆国日本国大使館の広報文化センターが主催して、日本文化紹介の一環として、この映画を上映する。映画は、日本語で英語の字幕付き。無料一般公開。 

 映画鑑賞をするためには、Eventiveに登録し、無料でオーダーできる。登録は11月24日(午9時:アリゾナ時間)から受付がはじまた。サイトは、ここ

 バーチャル上映は、12月3日(金)午後3時(アリゾナ時間)から72時間の間。

 

 

 

日本への本帰国準備&2拠点生活(および回遊型生活)を考えるフェア

 在米日本人がリタイア後に帰国するか、アメリカの残るかを決める上で、さまざな手続きなど有益な情報を提供するために「日本への本帰国準備&2拠点生活(および回遊型生活)を考えるフェア」が開催される。これは、アメリカで日本人向け生活情報誌を発行しているライトハウス社が主催するオンラインのセミナー。

 イベントの詳細は、下記の通り。

開催日時:
【ハワイ時間】    2021年12月15日 (水)、17日(金) 4PM~7PM
【アメリカ西海岸時間】2021年12月15日 (水)、17日(金) 6PM~9PM
【アメリカ東海岸時間】2021年12月15日 (水)、17日(金) 9PM~12AM
【日本時間】     2021年12月16日 (木)、18日(土) 11AM~2AM 

1215 () 講演・参加施設】(発表順)
講演:
「ウィズコロナ時代の住まい方・暮らし方」三菱総合研究所 松田智生氏
「帰国前に知っておくべき日米の税制」石上、石上&越智公認会計士事務所 石上洋氏
施設:
グランクレール(シニア向け住宅)/ウエルカムホーム岡山駅前(帰国者用シニア住宅)/
ディアージュ神戸(有料老人ホーム)

1217 () 講演・参加施設】(発表順)
講演:
「日本に完全帰国する際の、家の売却準備と移住スケジュール」RE/MAX 西川ノーマン裕子氏
「帰国後の住宅探しと不動産市況について」アライドインベストメント 和田一之氏
「日本の財産管理制度と身元保証について」日本ライフパートナーズ協会 東向勲氏
施設:
中楽坊(シニア向け住宅)/オークフィールド八幡平(サービス付きシニア向け住宅)/
グランドマスト(サービス付き高齢者向け住宅)

申込み(要予約):https://bit.ly/KIKOKU2021
問い合わせ:seminar@us-lighthouse.com (担当:中村さん)